Autor del artículo

Gonzalo Robledo
ゴンサロ・ロブレド
1958年南米コロンビア、ペレイラ生まれのジャーナリスト/プロデューサー。1981年より東京在住。 これまでにスペインの全国紙エル・パイース(El País)通信員、RTVEスペイン国営テレビジョン通信員、そしてEFEスペイン通信社東京支局員を務める。 TVE、テレマドリッド、カナル・スール、EFE-TV、カナル・クアトロ等、スペイン語圏の各テレビ局向けに、ルポタージュやドキュメンタリーなど、数々のTV番組の脚本・制作・演出を手掛ける一方、日本でも、NHKテレビ、関西テレビ、映画制作会社「エクセレント・フィルム」向けに番組を制作 日本では、アサヒグラフ(朝日新聞社)、毎日グラフ(毎日新聞社)、コモンセンス(教育社)、カーグラフィック、ナビ(二玄社)、フォーカス(新潮社)等、多数の雑誌に写真・記事を掲載 スペインでは、日本及び日本文化に関する記事をGEO, Altair, Islas, Lonely Planet などの雑誌に掲載 また、1996年以来、日本在住のスペイン語圏読者向けの週間新聞インターナショナルプレスに、毎週コラムを執筆。

Todos los caminos conducen a Santiago

2010年8月

El profesor Norio Shimizu, el hispanista que conozco que más sabe sobre el Quijote de la Mancha, se quejaba hace poco en una conferencia dictada en España de que en Japón cuando se habla del Camino de Santiago se refieren casi siempre al camino francés, es decir la ruta que desde Francia entra en Navarra por los Pirineos a través de Orreaga/Roncesvalles.

La entrada japonesa de Wikipedia sobre la peregrinación al camino de Santiago solo ilustra con un mapa la ruta francesa y supongo que esto se debe a que es uno de los trayectos más populares y, según muchos caminantes veteranos, el mejor señalizado.

Pero aún así, creo que la percepción de que solo hay una ruta para caminar hasta Santiago de Compostela no es exclusiva de los japoneses.

En mis años universitarios en Colombia mi única referencia al camino de Santiago era la película “La Vía Láctea” de Luis Buñuel, una sátira sobre las herejías que me hizo sonreir, pensar mucho y me dejó convencido de que el recorrido compostelano era una experiencia física y espiritual que unía a Francia con España.

Cuando ya en Japón me pidieron organizar en 1995 para la Universidad de Naciones Unidas de Tokio un evento titulado “Peregrinos“, en el que la idea central era mostrar semejanzas entre el Camino de Santiago y las peregrinaciones espirituales de Japón, como el camino de Kumano y los 88 templos de Shikoku, pude empezar a conocer los varios itinerarios para llegar a Santiago de Compostela.

Este año mi ignorancia sobre el Camino ha sufrido un duro golpe gracias a Nuestros Caminos de Santiago, una serie documental emitida por Televisión Española a través de la cual podemos conocer la geografía y ver los paisajes de todas las rutas.

La gran calidad de la fotografía de este documental en el que el actor Carmelo Gómez hace de guía y comentarista, me anima a recomendar la versión en DVD que ahora empieza a distribuir Adelante.

Aunque la obra se empieza a distribuir solo en español estoy seguro de que será disfrutada por quienes abrigan el sueño de viajar por España libres de las ataduras del tiempo y del espacio o por los que quieren sentarse de vez en cuando a mirar imágenes espectaculares acompañadas de una música evocativa y llenas de referencias culturales europeas.

En la serie se ven además caminantes de todas las edades y condiciones y se da espacio a los no creyentes que deciden peregrinar para hacer un viaje al interior de sí mismos en el que descubren verdades simples pero vitales al tiempo que disfrutan la belleza del paisaje.

La calidad visual y sonora, y la participación de Carmelo Gómez, convierten esta serie de DVD en una obra destinada a los coleccionistas de documentales geográficos en general, a los que gustan de imágenes inusuales de España y a los que no queriendo que el profesor Shimizu nos regañe, estamos siempre dispuestos a profundizar en lo poco que sabemos.

Gonzalo Robledo



Camino de Santiago


すべての道はサンティアゴに通ず

2010年8月

 日本におけるドン・キホーテ研究の第一人者である清水憲男先生が、最近スペインで開催された講演の中で、日本ではサンティアゴ巡礼路というと、ほとんどいつも、フランスからピレネー山脈のロンセスバーリェスを越えてナバラに入るルートについてしか語られない、と嘆いておられた。

 日本語版ウィキペディアにあるサンティアゴ巡礼路のメインの地図には、フランスからのルートしか表記されていない。これが最も人気のあるルートの一つであり、また多くのベテラン巡礼者が語るように、標示が最もきちんと整っているルートだからだろう。

 いずれにせよ、サンティアゴ・デ・コンポステーラに到達する巡礼路が一つしかないというのは、日本人だけが抱くイメージではなかろう。

 コロンビアで過ごした大学時代、サンティアゴ巡礼路に関する私の唯一の情報源は、ルイス・ブニュエル監督の映画『銀河』だった。異端を風刺するおもしろい映画だが、同時にたくさん考えさせられ、サンティアゴ巡礼路をたどることで、フランスとスペインを物理的かつ精神的につなぐ体験ができることを知った。

 その後、私は日本で暮らしはじめたが、1995年に東京の国連大学主催の「巡礼」と題されたイベントを運営する仕事を仰せつかった。サンティアゴ巡礼と、日本の熊野や四国八十八か所お遍路などの巡礼の道を比較するこのイベントで、私はサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼にも複数のルートがあることを知った。

 また今年、あるドキュメンタリーによって、私は自分の無知を痛いほど知らされることになった。スペイン国営放送がシリーズで放送した『Nuestros Caminos de Santiago(仮題: 私たちのサンティアゴ巡礼路)』というドキュメンタリーである。この番組ではそれぞれの土地について学んだり、あらゆるルートの景色を楽しんだりすることができる。

 俳優のカルメロ・ゴメスがガイド役で登場し解説してくれるこのドキュメンタリーは、映像の質も素晴らしい。日本の皆さまには、アデランテ社が配給するDVD版でお楽しみいただきたい。 販売されるDVDはとりあえずスペイン語版のみだが、忙しい日常や狭い生活から解き放たれてスペインを旅したいと夢見る方たち、そして、時々テレビの前に座って、ヨーロッパ文化へといざなう音楽が流れる素晴らしい映像を楽しみたいという方々にお楽しみいただけるドキュメンタリー作品だ。

 このシリーズには、あらゆる世代のさまざまな環境におかれた巡礼者たちが登場する。信者でなくても、美しい景色を楽しみながら、自分の内面と向き合って、素朴でも大切な真実を見つける巡礼の旅に出ようという気にさせられる。

 カルメロ・ゴメスが出演する、優れた画質と音質のこのDVDは、様々な地域に関するドキュメンタリーDVDのコレクターの方々、スペインの知られざる姿に興味をお持ちの方々、そして清水先生に叱られないように、知識をさらに深いものにしたいと思っている方々に、もってこいのドキュメンタリー・シリーズだ。


ゴンサロ・ロブレド