Otros temas:

Autor del artículo

Masami Yamaguchi
山口 正見
やまぐちまさみ
1967年 長崎県に生まれる。

1992年大学卒業後、「青山シャンドン」(東京)にて洋菓子作りの基礎を学ぶ。渡西し、マドリードにてダニエル・ゲレロ氏に師事、「オルノ・サン・オノフレ」「ラ・サンティアゲサ」「パナデリア・タオナ」(ブーランジェリー)に勤務し、スペイン菓子を学ぶ。

1995年渡仏し、アンジェ(ロアール地方)にて「トリアノン菓子店」(ミッシェル・ガロワイエー氏)に勤務。

1996年南フランスのトゥールーズにて「メゾン・ピロンチョコレート店」(レネ・ピロン氏)でチョコレートを学ぶ。

1998年長崎市の「スペイン菓子セヴィーリャ」のシェフに就任。

2004年西彼杵郡時津町に「スペイン菓子サン・オノフレ」を開店。

スペイン菓子との出会い

2010年11月

 菓子修行のため、初めてマドリードを訪れたのは、1992年11月、バルセロナ・オリンピックが終わった直後の晩秋のころだった。スペインというと、太陽が照りつける情熱の国、というありきたりのイメージしかもっていなかった私には、やたらと肌寒く感じたのを憶えている。フランス菓子に憧れ、フランスという国にも憧れを抱いていた私には、(所謂一般的な洋菓子の世界の人間には、標準的なことではあるが)最初に受けたスペインの印象は何もかも野暮ったく期待はずれに見えたものである。

 「何でこんな国に来てしまったのだろう。」

 最初、スペインに着いたときの正直な感想だった。しかし、せっかく来たのだから、語学くらいは覚えようと語学学校に通い始め、そのうちせっかくだから少しでもこのマドリードの菓子店で働いてみたい、と手当たり次第に履歴書を送ったりするうちに、だんだんとスペインという国、そしてスペイン人に愛着を感じ始めていた自分がいたのだった。そんな私を拾ってくれたのが、恩師ダニエル・ゲレロ氏である。当時、3店舗の菓子、パン店を経営していたダニエルのもと、「オルノ・サン・オノフレ」菓子店で働くうちに、仕事はハードだったが、徐々にスペイン人の良さ、スペインという国の面白さに惹かれ始めていった。おそらく、スペインという国のもつ華やかさとは別にある、素朴な国民性とか情の厚さというものが、自分を魅了したのだと思う。わずか2年半ほどの滞在ではあったが、すっかりスペインにはまってしまった訳である。

 しかし、洋菓子の本場、フランスで技術を磨きたいという気持ちも強く、心が葛藤する中、スペインを後にし、フランスへ向かうこととなった。やっと本来の目的の地であるフランスへ行けるというのに、なんだか非常に寂しい気持ちで向かったことを憶えている。

 そうして、フランスで2年働いた後、郷里の長崎で店を出すことになった時、迷わずスペイン菓子という看板を掲げることにした。スペインの素朴な伝統菓子が好きだということもあったが、やはりスペインという国自体への関わりを強く持っていたいという気持ちが強かったと思う。

 マドリードのサン・オノフレのダニエル・ファミリーとのご縁もまだ続き、昨年もマドリードを訪ねた際、友人共々わざわざ食事に招待してくれた。また、スペインで知り合った日本人ともずっと交流や友達つきあいが続いている。新年早々にも旅行の計画を仲間うちでたてているところである。スペインと自分との縁は薄くなるどころか、年々強くなっていくようである。

文・写真提供 スペイン菓子 サン・オノフレ

山口正見


写真上 マドリードの恩師、ダニエル・ゲレロ氏と



写真下 かつての同僚、フランシスコ”パコ”チーフ、サミーラと