Autor del artículo

Tomiko Tanaka
田中 富子  たなかとみこ
日本にてフォワーダー、米通信機会社勤務後、2001年よりセビージャ在住。
2006年個人自営業ビザ獲得。2008年アンダルシア州立ハエン大学にてバージン・オリーブオイル・テイスターにおける大学のエキスパートコースを終了し、オリーブオイル・エキスパートに。現在は、食品輸出入仲介業と執筆業を主に、通訳、翻訳、留学コーディネーター等スペインと日本を橋渡し中。
誠実、情熱、感動がモットーの熱い人間です。
HP:www.creapasion.com
http://spain.fc2web.com/

スペインのお勧めバール/レストラン

2012年02月

 第2回  Mercado San Antón(メルカド・サン・アントン)

 ここ数年マドリッドの最新モード地区の1つBarrio de Justicia(バリオ・デ・フスティシア)のCHUECA(チュエカ)駅そばにあるMercado San Antón(サン・アントン市場)。ここは“市場”というカテゴリーを超えた食のコンプレックス施設といえよう。エスカレータを上がるとコケティッシュで色鮮やかな市場が迎えてくれる。生鮮食品、ハモン、パンやスイーツ、冷凍食品などのお店が立ち並び買い物客で賑わう。

 2階はバール、3階はレストランとテラスがあり日夜問わず人々の口とお腹を満たしている。特にバール階は日本、ギリシャ、フランス等多国にわたる専門店が広がり、そこで好きな料理を注文し共通スペースにて飲食するシステムを取っているので退屈しない。同階には、展示ルームがありアートも満喫できる。レストランは、ゆったりと食事をしたい方向きで予約可能。テラスではマドリッドの太陽と空気を感じながらお茶やアルコールが楽しめる。この“市場”は最新の食はもちろん、ファッションもキャッチできるヴィヴィッドなモード好きにはたまらない場であることは間違いない。

文・写真 田中富子

● 住所 :C/Augusto Figueroa, 24, MADRID
● 電話 : +34 913 30 07 30
● HP: www.mercadosananton.com
● 時間:市場 月-土 10:00 – 22:00
2階 月- 日 10:00 – 24:00
(展示ルームは月-木 11:00 – 21:00 金、土 11:00 – 23:00)
3階 日-木 11:00 – 23:00 金、土と祝日の前日 10:00 – 01:30
注意:上記情報は、2012年1月時点のもので変更する可能性があります。


そのゴージャスさに驚く市場階



バール階にある専門店 いるだけでワクワクしてくる