バレンシアのファリャ(火祭り)
Las Fallas de Valencia

2012年5月

 ファリャと呼ばれる火祭りはバレンシア市のものが有名であるが、バレンシア市から約40km離れた町アルシラや、パルマ・デ・マジョルカなどのバレンシア市以外の都市でも開催されている。また、南米にはバレンシア州からの移民が多く、1950年代からはアルゼンチンのマル・デ・プラタ市を初めとした南米の都市でも行なわれている。

 バレンシアのファリャは、大工たちが守護聖人である聖ヨセフの日(3月19日)に古い木材やかんなくずを燃やしていた習慣から始まったといわれている。別の説では、異教徒の儀式に由来するとされている。現在のファリャでは、祭りの期間中、ポリエチレン製の巨大な張子の人形が街中に飾られ、聖ヨセフの日にそれらが燃やされる。ファリャとは燃やされる人形と火祭り自体の両方をさす言葉である。この名称は、たいまつを意味するラテン語「ファクラ」に由来している。

 ファリャの最初の行事は、2月の最後の日曜日に行なわれるクリダー(スペイン語ではllamada「お呼び」の意味)である。クリダーではファリャの参加者から選ばれた女王が参加者全員を前に火祭りの開始を宣言する。

 3月15日から19日までの火祭り週間には、各地区のファリャの団体が制作した人形が街中に飾られ、その出来栄えを競いあう。それぞれの団体が寄付を募り人形作家にデザインと制作を依頼するので、人形の出来栄えは各団体の経済力に左右されがちである。モチーフは政治的・社会的な話題などの風刺的性格の強いものが多い。各地区のファリャの団体はヌエボ・セントロ商店街で開催される展覧会に人形を出品し、人気投票が行なわれる。1位を獲得した運のよい人形は火の手を逃れ、バレンシア市内の火祭り博物館に永久保存され、祭りの時期以外にも人々の眼に触れることになる。最終日の19日には1位以外の人形がすべて燃やされ、祭りは最高潮に達する。



Fallas de Valencia



100キロ以上の爆竹が一斉に爆発するマスクレター



バルコニーからマスクレターを見物する人々



祭りの最終日には燃やされてしまう人形たち


 人形だけではなく、各地区のファリャの団体にも賞が与えられる。バレンシア市内には約400の団体があるが、その中の13団体は「特別記念像部」に属している。残りの団体は、7つあるカテゴリーのいずれかに属し、それぞれのカテゴリーのもっとも優れたファリャの団体が表彰される。

 この期間中には「オフレンダ」と呼ばれる献花パレードも行なわれる。オフレンダでは、それぞれの衣装をまとって一輪のカーネーションを手にした各地区のファリャの団体が、大聖堂の聖母マリア広場の巨大な聖母マリア像をめざしてパレードする。毎年、どの団体がどの色の花を奉納するかが決まっており、パレードの最後には色とりどりの花のマントをまとった聖母マリア像が完成する。


ファリャは毎年様々なデザインで作られま
すが、政治家、スポーツ選手など、有名人
を風刺したような二ノット(ファリャを構成
する小型の人形)たちが沢山登場するの
も面白いですね。



オフレンダと呼ばれる献花パレードの最後には
鮮やかな花のマントをまとった巨大な聖母マリア像が完成する



大小様々な人形たちで構成されるファリャ




 火祭りのもう一つの特色は、花火や爆竹がふんだんに使用されることである。火祭り期間中には、毎朝6時頃に各地区のファリャの団体が伝統音楽の演奏と爆竹の音で市民を起こすが、これはデスペルター(「目覚め」の意味)とよばれる。また、3月初旬からは市役所前の広場で毎日午後2時にマスクレターとよばれる爆竹の大会が開かれる。マスクレターではマスクレットとよばれる非常に大きな音を出す爆竹が使用され、辺り一帯は爆音と白い煙で満たされる。2008年3月19日のマクレスターでは249kgと史上最大量の火薬を含んだ爆竹が使用された。さらに、トゥーリア川沿いの公園では、毎晩、花火大会が行なわれる。

ラウル・ゲレロ
Raúl Guerrero
『スペイン文化事典』丸善より)

Fotos: Turismo de Valencia
写真提供:バレンシア観光局

Miguel Ángel Puerta ©