Otros temas:

Autor del artículo

Tomoko Yamashita
山下智子
やましたともこ /
大阪市出身。
旅先の沖縄で知り合ったスペイン人男性と縁があり、2008年結婚。約3年間の日本での生活の後、2011年9月、思い切って夫と共にスペインに移住。現在バルセロナ近郊在住。趣味は、安くて美味しいものを食べることと旅行すること。スペインでの日々の発見を伝えます!

RUMBO AL SOL - Vol.3
地中海に浮かぶ美しい島<メノルカ島>

2012年08月

 みなさん、「メノルカ」という島をご存じでしょうか?今回は、スペインのバレアレス諸島の1つ、メノルカ島についてご紹介します。この島は、バレアレス諸島の中でも東に位置しており、バルセロナから南東に約200km程度、飛行機で約1時間程度で行くことのできる自然豊かな美しい島です。
 メノルカの見所は、なんといっても透き通った美しい海!島には約50ヶ所程度のビーチがあり、特に島南部では、白い砂浜に透明で澄んだエメラルドグリーンの海が広がっています。また、メノルカには入り江がたくさんあり、自然の岩で囲まれた、小さくて美しいビーチがいくつも点在しているのが特徴です。
 そして海だけに限らず、メノルカ各地には先史時代の石の遺跡が多く残っています。ドライブで自然を満喫しながら遺跡巡りするとおもしろい遺跡に出会えるかもしれません。
   最後に、メノルカには美味しいものがたくさんありますので、こちらもお忘れなく!
エンサイマーダといううずまきデニッシュパン風お菓子(直径20cm程度はあります!)や、豚肉・パプリカ・胡椒で味付けられたソブラサーダというソーセージや水牛からできたマオンチーズはとても有名です。きっとメノルカの素敵な思い出がさらに増えることと思います。メノルカの観光シーズン(主に7月、8月)を外して観光してみると、島の静かで素朴な雰囲気も楽しむことができます。機会があれば、ぜひバルセロナから少し足を伸ばしてみてください。

文・写真 山下智子



穏やかで透き通った海。メノルカにはこのような小さなビーチがたくさんあります。



巨大な石の遺跡Taula。巨人用テーブルのような形です。どのように積み上げたのかとても気になりますね。



巨大なエンサイマーダの中にはクリームやチョコレート、Cabello de Ángel(かぼちゃの甘煮)が入っています。



メノルカ島のとある道端で見つけた標識。「牛とカタツムリに注意?」