Autor del artículo

Masao Kuwabara
桑原真夫
くわばらまさお
1977年よりほぼ毎年スペインを訪問。1984年から1989年まで銀行員としてマドリッドに駐在。ヨーロッパ在住約14年。 スペイン関係主要著書;『斜めから見たスペイン』(山手書房新社)、『それぞれのスペイン』[共編著](山手書房新社)、『スペインの素顔』(河出書房新社)、『スペインとは?』(沖積舎)、『ロサリア・デ・カストロという詩人』(沖積舎)、『我が母へ』(沖積舎)、『ガリシアの歌・上巻』(行路社)、『花へ』[写真詩集](山手書房新社)他多数。

マドリッドの夜(11)

2012年11月

Excmo.Sr.D.Jesús Pedroche
Consejero de la Presidencia
Comunidad Autónoma de Madrid
Puerta del Sol No.7
E-28013 Madrid ESPAÑA

Londres, 4 de septiembre de XXXX
 
Excmo. Señor:

Unas líneas para ponerle al corriente de un suceso acaecido en Madrid recientemente.

El 25 de agosto pasado mi hija y yo viajamos a Madrid, desde Londres, con la intención de poder descansar algunos días en la capital. Tan solo 30 minutos después de nuestra llegada al aeropuerto de Barajas, las vacaciones familiares se vieron truncadas por un pinchazo provocado y caímos en la misería.

Alquilamos un coche AVIS en el aeropuerto de Barajas y tomamos dirección hacia Zaragoza pero nos encontramos que la entrada a la autopista estaba cerrada. Me dirigí hacia la ciudad desde allí, por la calle de Alcalá intentando entrar en la Nacional II. Fue en esta calle cuando un coche (este fue el primer coche) nos indicó que llevábamos una rueda pinchada. Paré el coche y efectivamente una rueda estaba deshinchada. Allí, se acercaron dos personas (un señor de unos 40 años y una mujer de la misma edad pasando como su esposa) que vinieron de un segundo probable coche y se ofrecieron a ayudar a cambiar la rueda.

Le agradecí el ofrecimiento y nos pusimos a cambiar la rueda. Mi hija permaneció cerca del coche con el equipaje. La señora le recomendó que cambiara de lugar el equipaje y lo puso delante del coche. Probablemente durante este cambio un tercer grupo o tercer coche se lo llevó silenciosamente. Durante el cambio de la rueda el gato que se estaba usando se rompió repentinamente(?), pero perdí la esperanza de salir de ese apuro. Pero los señores se ofrecieron llamar a la grúa y de nuevo acepté agradecido que lo hiciesen.

Se marcharon y no los hemos vuelto a ver. Fue entonces cuando mi hija se dio cuenta de que faltaban dos piezas del equipaje.

Esta es la historia de lo que me ha ocurrido a los treinta minutos de mi llegada a Madrid.
(以下省略)
             

 上記は私が嘗て、駐在していたロンドンから久しぶりでやって来たマドリッドで遭遇したドロボーの告発文である。宛先はマドリッド州政府宛となっている。写しをバラハス空港の警察署長宛とスペイン最大の日刊紙エル・パイスと在スペイン日本大使宛としてそれぞれにロンドンから郵送した。

 内容は、ロンドンからマドリッドに到着してわずか30分で地獄に落ちたストーリーである。その日私はバルセロナにホームスティしていた次女とマドリッドのバラハス空港で落ち合った。そしてかねて予約してあったAVISでレンタカーを借りて出発した。ところが高速道路への入り口が閉鎖されていたので(バカンスシーズンにそんなことがるのかと訝しがりながら)一般道路に出た。そこへ後ろから来た車が「おまえの車がパンクしている」と教えてくれた。止めてみると確かにパンクしている!(今、レンタルしたばかりだというのに!)そこへ「親切な」おじさんとおばさんが現れた。彼らは「パンク盗」の一味であった。今にして思えば全てがうまく出来上がった悲劇(喜劇?)の始まりであったのだが・・・。

 悲劇の結末は、次女のバッグと小生のバッグが我々の死角からグループのリレーにより音も無く消えていた。次女のバッグには貴重なパスポートと、1ヶ月のホームスティでの思い出の品々が一杯詰め込まれていた。小生の被害はカメラのほか、ロンドンに着任以来書き続けていた日記帳が失われたのが大きかった。

 次女のパスポート再発行までマドリッドに足止めされた私と娘は、その夜は海鮮料理のレストランO'PAZOでたらふくやけ食いをしたのであった。マドリッドの夜のなかでも、最も暗い一夜であった。

 尚、上記の告発文は間もなくエル・パイス紙の社会面の投書欄に丸まる掲載された。マドリッドの友人からその記事が後日ファックスで送られてきた。私は今でもその記事を大切に保管してある。事件から数日後のエル・ムンド紙には第一面に「バラハス空港を中心に暗躍している窃盗団はチリー人グループとアルジェリア人グループである」という記事が載っていた(捕まったとは書いていなかった)。その日は我々がマドリッドを立つ日であった。

(つづく)
 
桑原真夫