Autor del artículo

Akira Sekine
関根彰良
せきねあきら
ギタリスト
1978年5月5日生まれ。千葉県出身。幼少の頃よりクラシックピアノを始める。12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻を卒業。

2002年から07年まで西尾健一(tp)グループに在籍、アルバム『Go Ahead, Have Fun!』に参加し全国をツアーする。2009年夏にはNYで活躍中のAnat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。これまでの主な共演者は、前田憲男(p)、村上ポンタ秀一(ds)他多数。

クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。

2011年HARU RECORDSよりファーストアルバム『FUZZ JAZZ』をリリース。発売記念全国ツアーを行う。現在、自己名義のソロ/トリオでのライブをはじめ、様々なセッションやレコーディング等、ジャズを中心とした幅広いジャンルで活動中。

公式 http://www.akirasekine.com/

アンダルシアへ
フラメンコギター留学記・その2

2012年11月

「もっとやさしく、やさしく。」 セビージャのカステジャー通りにあるスタジオ。ダビ・"エル・ガンバ"のパルマクラス。 いい音を出そうと思わず力んでしまう私たちに対して、彼はいつも手の力を抜くように、そして唄や音楽に寄り添った音を出すようにと言っていた。

 ダビはヘレス出身でセビージャ在住。へレスのフェスティバルで開講されていた彼のクラスが非常に良かったので、セビージャの通常クラスも必ず行こうと決めていた。一時間半のクラスを毎週3回、集中的に通った。

 私が中3か高1くらいの時、ドラムに興味が湧いて、学校の軽音楽同好会の部室でひたすらドラムばかり練習していた時期があった。理由の一つに、他の楽器がどういうことをしているのかを知りたいというのがあった。自分がアンサンブルする楽器のことを少しでも知っていると、ギターを弾くことに何か良い作用があるのではないかと。今回パルマについて色々知ることができ「そういうことだったのか」という発見がたくさんあった。

 それだけではない。ダビ曰く「おれのクラスは単なるパルマクラスじゃない。『レングアヘ・フラメンコ』を教えているんだ」と。「レングアへ・フラメンコ」は「フラメンコの言葉づかい」といった感じだろうか。唄だけを聴いてコンパスを感じる練習や、踊りの細かい変化に応じてパルマのアクセントを変えるレッスンもあった。カンタオールでもあり踊りもやるダビならではのクラスだった。

 私がスペインで受けた中で唯一の(個人ではなく)グループのクラスだった。若くて可愛い女の子の生徒が増えていくごとにダビのテンションが目に見えて上がっていくのが面白かった。彼を含めスペイン人は正直で、ピュアな人が多い。

-----

 セビージャはスペイン第四の都市。イスラム文化の影響を色濃く残す建築が数多く立ち並び、ヨーロッパ有数の観光地としても知られている。セントロではカメラを持った観光客の姿がいつも見られた。またフラメンコが盛んな街で多くのアカデミアがあり、世界中から留学生がやってきている。

 へレスと比べるとかなり都会だ。しかしアンダルシア特有のゆったりした空気も持ち合わせている。木曜日の夜あたりからもうみな週末モードで、広場は飲みに出ている人々でごった返している。

 セントロの北西にあるアラメダ地区は200〜300メートルにわたって細長い広場のようになっており、人々はそこで犬を散歩させたりジョギングしたり読書したり思い思いに過ごしている。付近には雰囲気のいいバルが数多く立ち並び、私も良く足を運んだ。

 5月下旬、金環日食。世紀の天体ショーに日本中が沸いた。残念ながらスペインでは見ることができなかったが、その2週間前のスーパームーンはこちらでもニュースになっていた。街を流れるグアダルキビル川のほとりから眺めた「シューペル・ルナ」の美しさはセビージャの思い出の一つとして記憶に焼き付いている。

 セビージャではラモン・アマドール、ミゲル・ペレス、ホセ・'フィティ'・カリージョ各氏のギタークラスを受けた。この場をお借りして感謝したい。

-----

「音楽というか、フラメンコですね、あれは」

時は戻り2011年秋、東京・新宿のとあるカフェ。私はカンタオーラ小里彩さんと話していた。スペイン滞在経験のある小里さんを友人づてに紹介してもらい、留学のための情報を色々と仕入れていたのだ。

 流れでモロンという街に話題が及び、そこの出身であるディエゴ・デル・ガストールのギターについて彼女が語ったのが冒頭の言葉だ。

 音楽というか、フラメンコ。何気ない一言だったが、この一言は自分の記憶に鮮明に残っている。

 ヒターノにとってフラメンコとは、アメリカ黒人にとってのブルースに等しい。それは音楽以前に語りであり、詩である。漢詩の朗読、あるいは琵琶法師による語りに例えてもそう遠くはないだろう。

 抑えきれない感情、魂の叫び。それらを表に出し伝える手段としてのフラメンコ。根っこにあるその部分を忘れてはいけない、と折に触れて思い出すようにしている。

 日本人がフラメンコをやるというのは、スペイン人が歌舞伎の世界に飛び込むようなものだと私は思っている。今や他のジャンルの舞踊や音楽と幅広く交流し多様化しているとはいえ、一族で代々引き継がれている芸の世界に、よそ者が簡単に立ち入れるはずはない。まして育った文化や話す言葉の異なる外国人となったらなおさらだ。

 勘違いしないで頂きたいが、そのことが悪いとか間違っているとか言っているのではない。かくいう自分自身もそれを試みている一人なのだから。先ほども書いたが現在フラメンコは世界で認知され愛されており、日本人含め非スペイン人の素晴らしいアルティスタも数多くいる。

-----

 フラメンコとの出会い。演奏家としての自分を肥やすための、ほんの寄り道のつもりだったはずが、かなり遠回りをしているような気がしないでもない。しかし直感に従って選んだ回り道こそが近道であり、自分の道であると信じている。ギターという楽器を軸にして出会った、偉大なる非西洋音楽・フラメンコ。

 文化人類学者の川田順三が、作曲家・武満徹との対談で「三点観測」という言葉を用いている。氏にとっての三点とは、生まれの地である日本、学問を学んだフランス、そしてフィールドワークの地であるアフリカ。幾何学において、二点だけでは一本の直線しか定まらないが、一直線上にない三点は平面を決定する。その喩えよろしく、三つの視点から物事を見ることで偏りのないバランスのとれた自己を成立させるという氏の持論である。

 日本人である自分は、ロックやジャズといったアメリカの音楽に魅せられ音楽の道を志した。今私に、新たな三点目が加わろうとしている。

 これからフラメンコとどのように付き合い、どのように消化し、自分のこれまで演奏してきた音楽との間にどのような解を導き出すのか、自分でもまだ分からない。ただ一つ言えるのは、今回スペインに3か月間滞在して本場のフラメンコの魅力を肌で感じ、本当に良い体験をしたということだ。是非また近いうちに、訪れたい。

文・写真  下山静香


セビージャ、ヒラルダの塔。
カテドラルと共に街の観光名所のうちの1つ。
夕刻の空の青色との美しい対比に思わずシャッターを切った。



カンタオールでありパルメーロであるダビ・エル・ガンバと。
彼のクラスを受けたことは今回の留学の大きな収穫の1つ。



ギタリスタ、ラモン・アマドールと。
彼のコンパス(リズム)のスピード感に度肝を抜かれた。
とても実りの多いレッスンだった。