Autor del artículo

Tsuyoshi Osaki
尾崎剛士 / おさきつよし
29歳、愛媛県出身。
2006年まで筑波大学蹴球部にて選手、少年サッカー指導者として活動。引退後は大学院に進学、その後就職し、サッカーの現場から2年離れる。2010年から町田高ヶ坂SCにて指導を再開。2011年10月にバレンシアに渡り、アルボラヤUDでサッカーの第二監督として指導を始める。昨シーズンはベンハミン(U-10)を率いて、リーグ優勝を果たす。

バレンシアのスペイン語学校
Costa de valencia
www.costadevalencia.com
E-mail: info@costadevalencia.com
スペインサッカーを巡る - 2 -

2013年02月

 1月7日に発表されたバロンドール。最終候補には、メッシ、イニエスタ(共にFCバルセロナ)、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の3名が残っていましたが、遂に"メッシ"が4年連続4度目の受賞となりました。バロンドール(仏:Ballon d'Or)とは、FIFA最優秀選手賞と呼ばれ、各国代表チームの監督と主将がその年に一番活躍した選手に投票し、最優秀選手を選出するものですが、今年の最終候補3名全員がリーガ・エスパニョーラに所属している選手でした。それに伴って、その選考については2ヶ月も前からスペインのテレビで特集が組まれ、各試合で選手が活躍するたびに得点を付けて比較してみたり、専門家と呼ばれる人たちが自分の推薦する選手を取り上げ、時には喧嘩になってしまうほどの白熱した議論を交わすということが頻繁に行われていました。

 実は去年も一昨年も最終候補3名はリーガ・エスパニョーラ所属チームの選手で、2010年は1位メッシ、2位イニエスタ、3位シャビ(3名ともFCバルセロナ)、2011年は1位メッシ、2位クリスティアーノ・ロナウド、3位シャビという順番でした。

 この順位を見ていただいても分かるように、メッシ、シャビ、イニエスタ、クリスティアーノ・ロナウドという選手はコンスタントに成績を残していることが分かります。また、前号でご紹介したスペインで最も盛り上がるダービー、『エル・クラシコ』では、この4名が激突するわけですから、盛り上がるのは当然な気がしますね。

 その中でも是非とも注目して欲しい、今年バロンドールを受賞したメッシについて少し紹介してみます。本名はリオネル・アンドレス・メッシ、アルゼンチン出身の25歳。13歳の時にFCバルセロナに入団し、17歳の時にトップチームデビュー。そして、今年バロンドールを史上初の4年連続獲得に続き、ゲルト・ミュラーが持っていた年間ゴール記録(85点)を上回る91得点を記録し、年間ゴール数でも新記録を樹立しており、名実共に現代サッカーのヒーローと言える存在になっています。

 またメッシ同様、FCバルセロナの選手は小さい頃からFCバルセロナの下部組織でプレーしている選手が多く、2012年11月25日のレバンテ戦では、プレーヤー11人が全て下部組織育ちの選手という偉業を達成しており、トップチームの活躍だけでなく、選手育成について世界的にも注目を集めています。現在、FCバルセロナの下部組織には日本人も所属しており、しばしば地元の新聞にも掲載されたりと将来が有望な選手なので、これからの活躍を要チェックですね。

文 尾崎 剛士



Messi, Cristiano Ronaldo e Iniesta

イラスト Jesús Martín Sánchez
jesusmartinsanchez.com