ANTONIO LÓPEZ
アントニオ・ロペス
1936年スペイン、ラ・マンチャ地方の町トメリョソ生まれ。

13歳の時に絵画修業のため単身マドリードへと居を移し、それ以降、若くして芸術の才能を開花させ、絵画、彫刻の分野にてリアリズムを追求。

現在70代後半を迎えてなお、制作意欲は全く衰えることなく、数々の傑作を生み出し続けている。

現代スペイン・リアリズムの巨匠
アントニオ・ロペス展 開催

2013年05月

2013年6月29日より長崎県美術館にて、スペイン現代美術の最重要作家アントニオ・ロペスの日本初となる回顧展が開催されます。

 ロペスは、身の回りの家具や植物、そして家族たちなど、何の変哲もない日常の生活にモティーフを求め、そこに美を見出していきます。それらを忠実に、そして時には気の遠くなるほどの時間をかけて描くことにより、ロペス独自の世界へと変容させていきます。我々はロペスの目を通して、新たな現実の姿を発見していくことになるのです。

日本では1993年に封切られた映画「マルメロの陽光」(監督:ビクトル・エリセ)に登場する作家として紹介されることが多いのですが、芸術家としての全貌はいまだ広く認知されているとは言い難い状況です。展覧会開催にあたり、長崎県美術館が所蔵する《フランシスコ・カレテロ》(1961-87年)を中心軸として、作家本人と話し合いながら厳選に厳選を重ねて出品作品を固めてきました。本展では、美術学校時代の初期作品から近作まで、彼の手がける油彩、素描、彫刻の各ジャンルから選んだ64点の作品によりロペス芸術を包括的にご紹介いたします。会場では「故郷」「家族」「静物」「室内」「植物」「マドリード」「人体」の7章に分け、ロペスが長年にわたって追求してきた各テーマを分かりやすく展示します。

作家自身が展覧会にあまり積極的でないこともあり、大規模な個展はおそらく日本では最初で最後となるかもしれません。このまたとない機会にロペス芸術の粋を是非ともお楽しみください。



《グラン・ビア》制作中のロペス1978年
© Fundación Colección Thyssen-Bornemisza,
Unidad Móvil and María López archive



Antonio López
© Fundación Colección Thyssen-Bornemisza,
Unidad Móvil and María López archive