acueducto.japon facebook acueducto.japon facebook



和歌山県知事からのメッセージ

2014年05月

和歌山県とスペイン・ガリシア州は、それぞれの聖地へ通じる「熊野古道」と「サンティアゴへの道」を有する地域であることから、1998年に姉妹道提携を締結しました。

 世界遺産登録された巡礼道を有する唯一の提携先として、これまで両県州は様々な分野での交流を積み重ね、西洋と東洋という地理関係、宗教、文化の違いを越え、絆を強化してまいりました。

 2010年からは、青少年同士の交流や文化体験を内容とした、将来グローバルに活躍できる人材を育成するための交流を行ってまいりました。

 また、2012年には、経済及び観光、文化面での相互協力を進めるために、友好関係と連携強化に向けた覚書を締結し、両県州の関係をさらに密接にすることができました。

 本年は、慶長遣欧使節団派遣から400周年の節目にあたり、日本・スペイン両国で様々な行事が行われております。本県では5月にガリシア州へ副知事を代表とした文化交流団を派遣し、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂で和歌山の伝統文化、精神文化を紹介しました。また今回の訪問にあわせ、巡礼の聖地を有する田辺市とサンティアゴ・デ・コンポステーラ市との間で観光交流協定の締結が行われたところです。

 今回の訪問が大きな節目となり、今後の両県州、ひいては日本・スペイン両国の交流がより一層活発に発展していくよう努力を重ねてまいります。

和歌山県知事 仁坂吉伸