acueducto.japon facebook acueducto.japon facebook



ガリシア州と和歌山県との交流について

2014年05月

 和歌山県とスペイン北西部に位置するガリシア州は、それぞれ"道の遺産"による姉妹道で結ばれています。和歌山県には1000年以上の歴史を持つ「熊野古道」があり、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として熊野三山、高野山、大峰とともに世界遺産に登録されました。近年は、祈りと癒しの道として世界中に紹介され、海外からの観光客も増えています。

 一方、ガリシア州にはローマ、エルサレムと並んでキリスト教の三大聖地とされるサンティアゴ・デ・コンポステーラがあり、1000年以上の歴史を持つ聖地への道は「サンディアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路」と呼ばれており、1993年、世界遺産に登録されています。

 和歌山県とガリシア州は、1998年に姉妹道提携して以来、観光・経済・文化・学術など多岐の分野に渡る交流を進めてきましたが、2010年からは青少年の相互派遣を継続的に行っています。

 和歌山県へガリシア州の青少年を受け入れる際は、ガリシア州内の18歳から30歳までの青少年青年が和歌山県内に約1週間滞在し、熊野古道散策、学校訪問、和太鼓や蒔絵などの文化体験、みかん狩り、ホームステイなどさまざまなプログラムを通じて、和歌山への理解を深める内容となっております。美味しい地元素材を使った料理や豊かな自然、温泉といった和歌山県の地域資源を堪能できるプログラムとなっています。

 一方、和歌山県の交流団がガリシア州を訪問する際は、事前研修を経た後、約1週間ガリシア州内に滞在します。「サンティアゴへの道」やサンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街、大聖堂など世界遺産の見学、学校訪問、ホームステイなどガリシア州政府が用意した多彩なプログラムを通じ、交流を深めることになります。

 プログラムの一番人気は、ホームステイです。言葉の壁をもろともせず、文化や習慣の違いにとまどいながらも、たくさんのことを語り合い、学び、いつしか"第二の家族"のような存在となって、涙の最終日を迎えることになります。

 この青少年交流がプログラム参加者一人一人の心に深く刻まれ続けており、帰国後も当時出会った方々はとの交流は絶えることなく継続されています。




ガリシア州からの青少年派 遣団の活動の様子。学校訪問、文化体 験など。





ガリシア州と和歌山県との交流について

1998年10月 和歌山県とスペイン・ガリシア州との間で姉妹道提携を締結
2004年7月 熊野古道が「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録
2005年6月 和歌山県田辺市で「第8回日本スペインシンポジウム」を開催
2007年9月 ガリシア州革新産業省大臣を団長とする訪問団が和歌山県を訪問両巡礼道の活用と国内外に向けた共同プロモーションの実施について合意
2008年5月 和歌山市で「サモス巡礼の精神」ルイス・オカーニャ写真展を開催
9月 和歌山県、東京、パリ、ガリシア州で国際観光共同プロモーション事業を開始
10月 ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラ市で「第11回日本スペインシンポジウム」を開催
和歌山県内の企業11社を含む訪問団がスペインを訪問し、マドリッドなどでプロモーションを実施
田辺市熊野ツーリズムビューローとサンティアゴ・デ・コンポステーラ市観光局が提携、共同プロモーションを開始
2012年7月 仁坂知事がガリシア州を訪問し、ガリシア州政府との間で「和歌山県とガリシア州の友好親善関係と連携強化に係る覚書」を締結
2014年5月 下副知事を代表とする文化交流団がガリシア州を訪問し、和歌山 文化プロモーションを実施
田辺市とサンティアゴ・デ・コンポステーラ市との間で観光交流協定締結



出発の日〜いよいよスペインへ

 2014年3月7日、ガリシア州への青少年交流代表団、12名が期待に胸を膨らませながら、スペイン行きの飛行機に乗り込んだ。

 16歳から30歳の12名の中には、スペインはおろか、初めて海外に行くという参加者も含まれていた。団員は和歌山県やガリシア州の理解を深めるため事前研修を2回受け、成果をまとめた「しおり」を持参、現地ではガリシア州の視察、ホストファミリー宅での滞在など楽しみな反面、コミュニケーション面などに不安を感じながらの出発となった。

 関空から旅立った飛行機は、イスタンブールでの乗り継ぎを経て、一路サンティアゴ・デ・コンポステーラ市へ。到着した日は、快晴。今年に入って数日を除いて連日雨(しかもかなり被害が出た程の降雨量)が続いていたそうで、ガリシア人たちに会う度、「なんてラッキーなの!毎日雨で大変だったのよ。」と言われた。もともと雨の多い地方だが今年は特別だったらしい。我々を歓迎してくれるような空模様に団員達も、これから起こることへのワクワクが隠せない様子だった。


サンティアゴ・デ・コンポステーラの町並み


ア・コルーニャの視察

 滞在2日目は、サンティアゴ・デ・コンポステーラ市から、バスで1時間程度のところにある、大西洋に面した都市、ア・コルーニャに移動。

 ア・コルーニャの旧市街地は"旧市街地"のイメージはなく、むしろ栄えており、訪れる人々で溢れていた。

 石畳の上に石造りの建物の商店が立ち並ぶレアル通り(この日は日曜日で残念ながら多くの店が休みだったが…)マリア・ピタの像と市庁舎のそびえたつマリア・ピタ広場には遊び回る子供たちや休日を楽しむ家族の姿を多く見ることができた。

 古い建物から成る統一感のある街並みと主張しすぎない商店の織り成す景観はとても美しいものだった。

 バスで10分ほど移動した展望台(というよりは丘の上)から、大西洋を眺めることができた。午前中に訪れたヘラクレスの塔を含め、ア・コルーニャの街を一望できる、とても景色の良い場所だった。

 丘の上が公園にもなっており、こちらも子供を連れた家族、カップルやグループでにぎわっていた。ここは、1929年の戦争時の武器の試験場でもあり、現在は大砲のレプリカなどが置かれている。


マリア・ピタ広場



旧市街を散策。この日は日曜日で営業している店はあまり なかったが、
のんびりと街を見学することができた。



大西洋を見下ろすことのできる海 岸。
天気がよく、遠くの景色までよく見えた。


ガリシア文化都市からサンティアゴ巡礼の道、サンティアゴ・デ・コンポステーラ市内へ


 サンティアゴ市郊外にあるガリシア文化都市。

アメリカの著名な建築家ピーター・アイゼンマンが設計した、超近代的なデザインの総合文化施設で、斬新な中にも花崗岩などを各所に使った「ガリシアの特徴と伝統を生かした文化都市」を造り出している。デザインの美しさに感動しながらも、この広大な敷地と建物の機能について考えさせられた。

 その後、サンティアゴの道へ。昨年6月に皇太子殿下が歩かれた道と同じ道を歩くことが出来た。天気にも恵まれ、鳥のさえずりが聞こえるのもすがすがしかった。

 サンティアゴの道とは聖ヤコブの亡骸があるサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂を終着点とする巡礼の道で、多くのルートが存在する。徒歩に限らず、馬や自転車などの乗り物での巡礼もでき、道路沿いの看板がそのことをよく示している。道中の看板や道端の道しるべには、シンボルであるホタテガイや黄色の矢印が刻まれているだけでなく、道端の石や道路上など随所にも黄色の矢印があり、その細やかさに驚いた。

 その後、少し足を延ばして歓喜の丘を見学。ここは、巡礼の道の中で初めて目的地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂が見える場所。長い長い巡礼の道を乗り越えて、壮大・荘厳な大聖堂が見えた瞬間の喜びが想像できる。

 現在この丘には、当時の巡礼者のモニュメントが立っているのだが、その他に思いがけなくスペイン・日本交流400周年記念の碑もあり、私たちに驚きと喜びをもたらしてくれた。

 ふたつの意味で歓喜できた丘だった。

 昼食後、サンティアゴ旧市街地を訪れた。石畳の続く小径を歩いていると、まるで中世ヨーロッパかローマ時代にタイムスリップしたような気分になる。また、築300年、400年の建物が、アパートや洋服屋、カフェなど今でも変わらず生活の一部として使われていることにも驚いた。

 広場にあるカフェのテラス席では、太陽の日差しを浴びながら、ワインを片手に友人との会話を楽しむ人々が多く見られ、日本よりもゆったりした時間の流れを感じた。

 旧市街の見学を終え、いよいよ大聖堂に近づくにつれその大きさと迫力に圧倒された。建物の細部まで手の込んだアートワーク、きらびやかな内装。巨大なオルガンパイプ。費用と労力がかかっていることは一目で分かる。

 中世ヨーロッパでは、教会と学校が同じ敷地内に置かれていたそうだ。それで現在も、スペイントップクラスの大学が同じ広場にある(つまりカテドラルから独立した)。日本では人口9万人の小さな町に総合大学などありえない。

 ミサの時間ではなかったからか、思ったより参詣者はまばらだったが、1000年以上前から多くの巡礼者が目指して来た大聖堂。日本で見慣れた神社や寺院にはない非常に興味深いものがあった。ミサが行われる大ホールの両端に黒いカーテンに覆われた告解室があった。

 この日最後に訪れたサン・マルティン・ピナリオ修道院は、サンティアゴ市内では大聖堂に続いて2番目に大きい宗教建築。見事なファサードが印象的だった。


サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂。
残念ながら一部が修復工事中であったが、荘 厳な佇まいだ。



サンピ・マルティン・ピナリオ修道院。



ガリシア文化都市。


州政府表敬訪問

翌日は朝から州政府訪問を控え、参加者は全員制服またはスーツを着用した。

 バスを一度乗り換えて、到着した州政府の建物は、大聖堂近くにある石造りの建物とは異なり、円筒状でかなり近代的であった。黒く大きい長机のある部屋でしばらく緊張しつつ待っていると、厚生労働省大臣のベアトリスさんと、青年ボランティア局のオビディオさんがやってきた。

 大臣は、派遣団では唯一の男性である中岸さんを見て「たくさんの女の子に囲まれているから王様みたいね」と言ったり、常に笑顔で接してくれ、私たちの緊張を解いてくれた。この日は予定が詰まっているらしく、短い時間であったが、ガリシアの人々に歓迎されているということを、さらに感じることができた訪問だった。

 余談だが、スペインでは制服、スーツを着ることはあまりないそうだ。日常的にスーツを着る人は主に人に会ったり、重要な仕事をしたりしている人だけらしい。州政府で働いているアナさんもその日ジーンズを履いていた。「デスクワークが基本だから、毎日こんな感じよ。」とのこと。


州政府表敬訪問の様子。


巡礼博物館〜インターナショナルディナー

 訪問を終えて、巡礼道博物館に向かう。中でも最も興味を惹かれたのは、唯一日本語で書かれた展示品、池田宗弘さんによる「巡礼の道絵巻」であった。フランスの道全ルートを絵巻物風に絵地図として書いている作品であり、美しい挿画はもちろんのこと要所に詳しい解説が書かれており実際に歩いて体験された池田さんの努力の結晶であろうと思った。また展示され見ることができたのは原本の数ページであったが、全容はデジタル化されタッチパネル式の画面で見ることができ、その精密な挿絵を時間がある限り眺めていたいと思った。そしてサンティアゴ巡礼の道の姉妹道である熊野古道を歩く際に使われたであろう草履など、和歌山にゆかりあるものが展示されており非常に親近感を覚えた。

 夜は、日本にいる時から企画していたインターナショナルディナーが開催された。スペインと日本からの参加者が自国ならではの簡単な食事を出し合い、立食会を行った。スペイン側は生ハムやムール貝、タコなどガリシアならではの食事を用意してくれた一方、日本側は外国にも日本の食べ物としてよく知られているおにぎりや味噌汁など数品を出した。食事はどれもおいしく、話も、食べ物の話から話題を広げ、どんどんと交流を深めていくことが出来た。

 また、食事が終わった後にスペインの方たちに日本の伝統文化の一つである浴衣に袖を通してもらった。着付けをするのは、もちろん派遣団である。日本独特の和柄が施された浴衣や帯の柄は好評価で、帯占めの際にはどのようにしているのか食い入るように見ていた。最後に下駄をはき、手を前にして嬉しそうに記念写真をとっていたのが凄く印象に残っている。

 最後に、お互いの国の歌を歌いあって、無事インターナショナルディナーが終了した。

 事前に色々考え、試行錯誤した結果ではあるが、これほど好評をえられるとは想像していなかっただけに、大きな満足感に包まれた。また、食事を通した交流で、日本とスペインの違いがよりよく分かったし、大変興味深かった。これからもっと日本にしかない良さをスペインのみならず、世界に伝えていきたいと感じられる時間となった。


インターナショナルディナーの様子。
自国の食べ物や文化を紹介するだけでなく、
スペインの文化を理解する良い機会となった。







学長訪問、そして大学交流

 翌日は、和歌山大学観光学部代表の藤田さんがサンティアゴ大学学長のフアン・ホセ氏に挨拶を行った。今後を視野にいれ、学術交流等を通して大学間の交流を深めていきたいといったことも話題になった。

 その後、サンティアゴ大学地理歴史学部との交流会が行われた。

 まずはスペイン側のプレゼンテーションが行われた。ガリシア州の人口、面積といった基本情報から、経済状況、州を構成する4つの県やそれぞれの特徴、名産品などについて、こちらの目を見ながら表現豊かに説明が行われたことが印象的だった。

 これに対し、日本側も同様のテーマでプレゼンテーションを行ったのだが、事前に日本から用意して行った名産品やポスターなどを使い、日本や和歌山を身近に感じて貰えたのではないかと思う。

 その後5人~10人の4つのグループにわかれて各テーマ(都市、音楽、道、食)についてグループディスカッションを行った。また各グループがどのような話をしたか発表し、理解を深めることができた。


サンティアゴ大学の学長とともに。



サンティアゴ大学地理歴史学部での交流会の様子。
日本から持っていったポスターは、プレゼンの際に非常に役に 立った。





再会を約束して〜帰国

 大学でのプレゼンテーションを終え、その日の夜からそれぞれのホームステイ先に向かい、約3日間、ホストファミリー宅で過ごした。基本的には参加者二人で一組となり、ホスト宅にお世話になった。ホストファミリーとは英語、またはスペイン語のみでのコミュニケーションとなり最初はかなり緊張した。

しかし、ホストファミリーは去年の7月に和歌山を訪れた若者なので共通の話題があり、今回のガリシア訪問中に所々、交流に参加していたので、全くの初対面という家族はいなかった。言葉による苦労もあったが、ホームステイを一番楽しみにしていたこともありそれぞれが準備した方法で、ホストファミリーとなってくださった方々との絆を深めることが出来た。

 最終日には、ホストファミリーとの別れがつらく、自然と涙がこぼれた。帰国するのがつらくて、疲れているにもかかわらず、関西空港に到着してもすぐに自分の家ではなくて、スペインに戻りたくて仕方がなかった。帰国後もEメールやSNSなどを使って交流を続け、友情を深めている。

 日本から遠く離れたスペインに滞在し、1週間という短い間ではあったが、その土地の人々との交流を通じて、多くの素晴らしい経験をすることができた。

本当の家族のように温かく受け入れてもらい、同じものを食べ、見て、たくさん笑った。この滞在中に感じたことが、将来、国際人として活躍する礎となると思っている。

 今年8月に、またガリシア州から青少年交流団が来ると聞いているので、今回の経験を活かして、私たちがガリシアの人に受け入れてもらったように、彼らを心からおもてなししたいと思っている。

☆ 和歌山県では、今年8月にも、ガリシア州からの青少年交流団の受け入れ事業を予定するなど、今後も様々な交流事業を企画している。


和歌山県とガリシア州の青少年交流の経過と今後の予定

2010年12月 和歌山県青少年交流団派遣 (第一回)
2012年 1月 ガリシア州青少年交流団来県 (第一回)
2012年 3月 和歌山県青少年交流団派遣 (第二回)
2012年10月 ガリシア州青少年交流団来県 (第二回)
2013年 3月 和歌山県青少年交流団派遣 (第三回)
2013年 7月 ガリシア州青少年交流団来県 (第三回)
2014年 3月 和歌山県青少年交流団派遣 (第四回)
2014年 8月 ガリシア州青少年交流団来県 予定(第四回)


スペイン・ガリシア州への青少年代表団派遣に参加して

 スペインの文化に直接触れたい、海外でホームステイをしてみたい、自分の英語力やスペイン語力を試したい、など様々な理由から、この交流に応募した代表団員ですが、研修が修了し、どんな感想を持ったのでしょうか。

 団員の感想の一例をここに紹介します。

 今回参加させていただいたガリシア研修の10日間の有意義な時間はいままでにない大変 貴重な経験となりました。とくに現地の方から言葉の壁を越えた温かいおもてなしは言葉で表すことのできないくらいの喜びでもあり感動でもありました。

 今回の旅を実際に経験して痛感したのは自分の語学力の未熟さでした。自分の持てるコミュニケーションスキルを駆使してみたものの思うような意思の疎通が計れなかったため自分の気持ちが後ずさりしたのも確かでした。思うにそれは頭の中で言語コミュニケーションだけが前面に突出してしまい、自分の中で難しくとらえてしまっていたからかもしれません。

 普段は、どちらかというと自分の中で得意としていたコミュニケーションスキルだったのに、なぜか急に自信喪失のうえ苦手意識まで重なり、突然、何も手が出ないような、臆病になりそうな気持ちに陥りました。しかしそんな私の気持ちを再び解放し引き出してくれたのはホームステイ先のホストファミリーの優しさでした。ホストマザーは英語が話せなかったため、言葉での意思疎通は難しいものでした。そのかわり、いつも私を思いっきり抱きしめてくれました。そのハグには言葉を越えた温かさや愛情がとても伝わってきました。言葉の壁というものは確かに存在しますが、非言語コミュニケーションの方が相手の気持ちや思いがより深く伝わるのだと実感しました。

 豊かな緑や自然が多く、歴史が感じられるガリシアの町並みや景色はどれも日本とはまた異なる素晴らしいものでした。その中でも海岸から見た広大な大西洋とその上に広がる青空を見たときは思わず息をのむ美しさで感動し、大海原の開放感にひたることで、日頃の私の悩みがちっぽけなものに感じました。

いまの私は17歳の混迷期の真っただ中とも思えます。

 自分の歩むべき道を自分自身で一つずつ選択し、決定するという自立への足がかりへの難しいプロセスを自らの力で進まなければいけないという不安も大きい時期に、いままで机上の知識でしかなかったヨーロッパの異文化に触れ、初めて出会う異国の人々との交流を、短期間とはいえ深められたことなど、数多くの思い出はきっと今後の自分自身への自信や励みになることと確信できました。

 私は以前から学生のうちに憧れである欧米にいつかは行きたいとずっと夢に抱いていました。高校1年生のころから学業の傍らファーストフード店でアルバイトを少しずつ行い、いつか自分の夢が実現できることを願ってこつこつとお金を貯めてきました。

 このような機会に恵まれ、沢山の仲間と和歌山県の研修プログラムに参加できました。スペインでの貴重な経験は私の今後の人生の土台となって行くことでしょう。

田辺高校2年
尾﨑 美和



2013年 和歌山県青少年代表団
団 長 太田真里亜 (和歌山大学)
副団長 中岸賢太(熊野福祉会)
尾﨑美和(田辺高校) 河野恵実(那賀高校)
喜多美月(日高高校) 北野桃子(那賀高校)
木村有沙(日高高校) 山﨑夏美(田辺高校)
輪玉衣里(田辺高校) 
石橋加菜(愛知県立大学)
漆畑加那(和歌山大学)
川村日向子(和歌山大学)
引率者 藤田友里佳(和歌山大学)
引率者 中村貴子(和歌山県庁)