西宮市国際交流協会
スペイン語おしゃべりの会活動のご紹介

2013年02月

 2012年11月17日開催の「スペイン語おしゃべりの会」では、京都在住のMaría Ángeles Cejador Ambrojさんを講師に迎え、ご自身の出身地であるスペイン・アラゴン地方を様々な切り口からご紹介いただきました。

 アラゴン地方は変化に富んだ地形をはじめとし、文化遺産を含む多くの歴史遺産と観光地に恵まれていて、ご自分で編集された沢山の映像を使って、軽妙な語り口で楽しく紹介していただきました。

 話に先立って、datos generales, lenguas, fiestas populares, gastronomíaの4項目に分けたレジュメの配布があり、参加者は一段と興味を持って、熱心に聴くことができました。また、有名なアラゴンの民族舞踊JOTAも、本場の雰囲気を感じ取れるようビデオを使っての紹介がありました。

 なお、今回は講師のMaría Ángelesさんが、当協会に立派な装丁のスペイン語版漫画本「Historia de Aragón」前・後編2冊をプレゼントして下さいました。希望者への貸出を致しますので、興味のある方はお申し出下さい。

 当日は生憎の冷たい雨でしたが、いつもと変わらず会場は満席でした。この会にはじめて参加された方も数人いらっしゃり、今更ながらスペイン語に関心を持っておられる方が多いことを再認識しました。

 さて、2012年は4回の会合すべて、スペイン出身の方に講師をお願いしましたが、2013年はスペインの方に2回、中南米の方に2回講師をお願いしたく考えています。

 また、この会でお話していただける、母国語がスペイン語の方のご紹介を、是非当協会までお願い致します。  次回3月10日は神戸在住のコスタリカの方を講師に予定しています。どうぞ楽しみにして下さい。

文・写真提供 谷善三




様々な角度から、まだあまり知られていない、
アラゴン地方について紹介していただきました。