acueducto.japon facebook acueducto.japon facebook



おすすめスペイン語学校の紹介

2010年05月

ドンキホーテとエンフォレックスは、世界でも最大規模のスペイン語学校グループです。スペインとラテンアメリカの主要都市に校舎があり、多彩なコースを開催しています。世界65カ国以上から学生が集まり、日本からも毎年大勢の方々がいらっしゃいます。皆さんが語学研修に参加したきっかけは、休暇を兼ねてスペイン語を習いたい、中南米でボランティアプログラムに参加したい、大学を休学して長期留学がしたいなど、百人百様です。

ドンキホーテとエンフォレックスでは、全ての校舎で質の高いレッスンと快適な学習環境をお約束しています。ドンキホーテとエンフォレックスで勉強する一番のメリットは、転校システムを利用して一度の滞在中に2都市以上で勉強できることです。例えばスペインの首都マドリッドで美術館巡りをし、アンダルシア地方のグラナダでフラメンコレッスンを受け、地中海沿いのバレンシアでビーチを楽しみ、バルセロナでインターンシップに挑戦するなど、自分だけのオリジナルプログラムが作れます。

語学学校と聞くと堅苦しいイメージがあるかも知れませんが、勉強ばかりする必要はありません。時には観光名所を訪れたり、ショッピングをするなど自由な時間を楽しむことも研修の一環です。また、現地の人々と交流ができるチャンスを積極的に見つけることも大切です。行きつけのバルを作ってカマレロたちと話す、同じ町に日本語学校があれば生徒さんを紹介してもらう、スポーツチームに入るなど色々と方法はあります。現地の友達ができればスペイン語の上達につながることはもちろん、その土地の文化や習慣を知ることもできます。

スペイン語圏は日本とは時間の流れ方が異なる所です。ゆったりとおおらかなリズムに初めはイライラしてしまうかも知れませんが、次第に肩の力を抜いて生活することに慣れ、毎日がとても楽しくなると思います。日本の常識が通用しない所で生活をしてみると、これまで見えていなかったものが発見できるかも知れません。

最後にエンフォレックス マドリッド校で長期留学をされている学生さんの感想をご紹介します。


Mayumi Shirakawa

みなさん、こんにちは。スペインへ長期留学をしているアオシマです。
大学や専門学校などの留学プログラムではなく、単身でスペインに滞在しています。2年ほど前初めてスペインへ赴いた際、1カ月間エンフォレックスへ通いスペイン語を学びました。その時の学校の雰囲気、教師の生徒に対する熱心な姿勢に惹かれ、今回もまたエンフォレックスでスペイン語を学んでいます。
エンフォレックスでは様々な授業を選択しました。わたしはスペインの歴史や文化についても学びたかったのでそれらを受講し、知識や語彙の幅を広げました。また、世界各国から多くの留学生が通うので、彼らとスペイン語を使ってコミュニケーションをとり、日本ではなかなか知ることのできない貴重な意見を聞くことができました。当初の目的はスペイン語の習得でしたが、それを上回る多くの知識と出会いがありました。また、現在はプライベートレッスンを受講し、スペイン語を完璧に話せているかどうか確認をしています。やはりプライベートレッスンは教師との距離も縮まり話しやすく、また私のことを理解してくれているので、とても和やかな雰囲気で学ぶことができます。

私生活においては、学校で斡旋しているホームステイと寮に数カ月滞在し、ホストファミリー、シェアメイトと楽しい時間を過ごしました。その後は自分でアパートを探し、今では3人のスペイン人と仲良く暮らしています。また、私は多くのスペイン人との出会いにも恵まれました。彼らと一緒に町の中心で買い物をしたり、バールや公園で話したり、彼らに日本料理をふるまったり、サッカーの試合を見に行ったり、毎日がとても充実しています。


スペイン語とスペイン語圏の国々に興味のある方には、ぜひスペイン語ワールドを体験していただきたいと思います。最短1週間から参加できるスペイン語コースへのお問い合わせは、日本語でどうぞ。

白川真弓