平井 うらら
Urara Hirai

PERFIL / プロフィール

京都大学講師 詩人

1952年香川県高松市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。京都外国語大学大学院修士課程修了。グラナダ大学博士課程修了。文学博士(グラナダ大学)。著書に『対訳タマリット詩集』(単著)、『平井うらら詩集』(単著)、『マヌエルのクリスマス』(単著)、『ガルシア・ロルカの世界』(共著)、『スペインの女性群像』(共著)、『スペイン文化辞典』(共著)など。

ARTÍCULOS / 記事

ロルカ。あるいは夢見る力

フェデリコ・ガルシア・ロルカ(1898年6月5日-1936年8月19日)は多才な芸術家で、詩を作り劇作をし、絵も描きピアノも演奏し即興で歌も作った、とよくいわれます。しかし彼自身は自分のことを、あれにもこれにも手を出すマルチな才能を持った芸術家だとは思っていなかったでしょう。自分が生きたいように生きていただけなのです。自分の心の中に湧いてきた言葉を口に出し、ピアノがあれば思いつくままに弾いてみて、劇を作ってはみんなを誘って演じてみる、そしてその喜びを居合わせた人たちと共有しようとしただけでしょう。

VOLVER

PAGE TOP