【プラド美術館200周年】数量限定の公式記念コイン

プラド美術館200周年公式記念コイン
Monedas Conmemorativas Oficiales del Bicentenario del Museo del Prado

Copyright Prado Museum

スペインが誇る美の殿堂・プラド美術館。本年2019年で開館200周年の輝かしい節目を迎えます! これを祝して、今しか入手できない公式記念コインが販売されることになりました。スペイン王国が発行、プラド美術館が監修し、王立スペイン造幣局が鋳造する全6種のコインです。彫刻作品を刻んだ金貨が3種、絵画作品をカラーで表現した銀貨が3種。それぞれのコインの裏面には本美術館所蔵の傑作が細やかに、そして非常に美しく再現されています。期間限定・数量限定販売なので、欲しいと思った方はこの機会をぜひお見逃しなく!

 

王立プラド美術館(監修)
Museo Nacional del Prado

世界の中でも最高峰と謳われているマドリードのプラド美術館。スペインのみならず、フランドル、 イタリアをはじめ、ヨーロッパの主要流派の傑作を鑑賞することのできるこの荘厳な佇まいの建物は、18世紀の代表的な建築家フアン・デ・ビリャヌエバによって設計され、1819年に王立美術館として開館しました。展示されている作品の多くは、歴代スペイン王たちの飽くなき美術品への情熱によって収集されたもの。コレクションの数は現在ではおよそ8000点にもおよびます。スペイン3大画家と云われているゴヤ、ベラスケス、エル・グレコらの重要な作品はもちろん、エル・ボスコ、ルーベンス、ティツィアーノの展示室も見逃せないでしょう。本年2019年は開館200周年を記念に、美術作品から読み解くことのできるスペイン200年の歴史をテーマとした特別展「Museo del Prado 1819-2019. Un lugar de memoria / プラド美術館 1819年-2019年 記憶の場所」も開催されています(3月10日まで)。

王立スペイン造幣局(鋳造・発行元)
Fábrica Nacional de Moneda y TimbreLuis García

マドリードの王立スペイン造幣局。その起源はとても古く、この市に初めて造幣局が建設された17世紀にまで遡ります(Ceca de Madrid)。18世紀にはブルボン王朝の初代国王フェリペ5世の保護により他の造幣局が廃止され、スペイン唯一の公式の造幣局と定められました。そして1893年、やはり17世紀に起源を持つ切手工場(Fábrica del Sello)と合併して現在の王立スペイン造幣局が誕生します。プラド美術館と同じく由緒ある王立組織として、歴代一流の技術者・彫刻家たちがここに在籍し、ノウハウを培い、伝統的な手法を養っていきました。そうして現在まで受け継がれた鋳造技術は世界屈指のレベルを誇り、完成度の非常に高いコインを世に生み出しています。もちろん旧通貨ペセタも、今スペインで流通しているユーロ通貨もここで造られています。代表技術のひとつは、コインを眺める角度によって異なる模様が浮かび上がる潜像加工。緻密かつ正確なこの加工技術が、美しさを際立たせると同時に偽造防止にも役立っています。そして伝統を重んじる側面のある一方、現代ではスマートカードなどの最先端分野に積極的にも参入しています。

 

 

プラド美術館200周年公式記念コイン

2019年1月21日(月)より、国内で世界先行予約販売開始
(取扱期間:1月21日〜2月8日)
※数量無くなり次第終了

 


スペイン語おしゃべりの会

西宮市国際交流協会

スペイン語おしゃべりの会

最初から最後まで全てスペイン語でお話をします!
興味のある方、ぜひご参加ください。

次回開催のお知らせ:

2019年2月23日(土)14:00-15:30
Ecologismo y nuevas tecnologías en España
(スペインの環境保全と新技術)
ゲスト:Marta Soler Alemany (メノルカ島出身)

会場:兵庫県西宮市池田町11-1 フレンテ西宮4階

TEL : 0798-32-8680
E-mail : niairuka@chive.ocn.ne.jp

参加費:500円
定員:30名(先着順)
申込:2月4日(月)より電話、E-mailで。
*定員になり次第、受付を終了させていただきます。

公式サイト(西宮市国際交流協会)


活動報告


【神戸】サンティアゴ巡礼 特別講演会

人生でいつの日か、ガリシアのサンティアゴ巡礼にチャレンジしてみたい。そんな夢を抱いている方も多くいらっしゃるはず。ただひたすら、大自然の中の巡礼道を歩き、歩き……。日常から離れ、自己をゆっくりと見つめ直す旅。道中で、旅先の宿で、かけがえのない思い出を作ることができるでしょう。

サンティアゴ巡礼を定年後の70歳からスタートし、毎年欠かさず出かけている旅人・杉本嘉孝さん。誰とでもすぐ打ち解けることのできる気さくで元気な杉本さんは、旅路での愉快なエピソードもたくさんお持ちです。12月1日にADELANTE神戸校にお越しいただき、サンティアゴ巡礼のさまざまなお話を語っていただきます。

★杉本さんの巡礼は、過去にacueducto 第22号でも特集しています。

acueducto 22 特集「70歳からのサンティアゴ巡礼」

 

今回の講演会では、具体的なルート選びや必要な装備一式のことから、宿のこと、出会った人との思い出話まで、たくさんのテーマをお話いただきます。巡礼に興味のある方は貴重な体験談を聞ける機会です! ぜひお越しください。

ADELANTE受講生だけでなく、ご家族やご友人の方、外部の方ももちろんお申込みが可能です★


【日 時】
12月1日(土)11:00〜13:00

【場 所】
スペイン語教室ADELANTE神戸校
(神戸市中央区磯部通1-1-18 カサベラ国際プラザビル9F)

【参加費】
500円


皆さまのご参加、お待ちしております!

お申込み・お問合せ先:
スペイン語教室ADELANTE神戸校
078-230-2022 / info@adelante.jp


スペインタイルアート工房 クリスマスの特別講習会

スペインタイルアート工房より
クリスマスの特別講習会のお知らせ

今回の特別講習会はご入会は不要、どなたでもご参加できます。
絵付けの所要時間は約1時間、タイルは焼成後にお渡しもしくは
送料着払いでお送りしますので実際の出来上がりは約10日〜2週間後です。

<スペインタイルのクリスマスリース絵付け講習会>
スペインタイル絵付けの伝統技法「クエルダセカ技法」を使い丸いミニタイルに絵付けします。

☆ アクリル板とリボンは当日お持ち帰りいただき、タイル焼成後にご自宅で貼り付け作業が必要です。
☆ アクリル板に紐がついており、壁やツリーに掛けられます。

 


日 程
2018年10月2日(火)~12月20日(木)    
東京教室:火〜日 大阪教室:水~土

時 間
全1回約1時間
開講時間内でご都合の良い時間を
受講希望日の1週間前までにご予約下さい。

東京教室:火木 10~21時/水金土日 10~18時 
大阪教室:水〜土 10~18時
開講日・開講時間の詳細は各教室のページをご覧下さい。
http://spaintile.art.coocan.jp/

講習費
5,940円(税込。材料費、焼成費込み)

持ち物
講習費、エプロン(お持ちでなければ結構です)

講習のお申し込みはお電話もしくはメールにて。

spaintile@japan.email.ne.jp
東京教室 tel&fax 03-3292-0581
大阪教室 tel&fax 06-4390-6545


日本サルスエラ協会 公演のご案内

 

日本サルスエラ協会主催のサルスエラ、R.チャピ作曲La Revoltosa人騒がせな娘』日本初演・日本上演のご案内をお送りさせていただいております。

協会の公演は、スペイン生粋の舞台芸術、喜歌劇サルスエラを通して行う文化外交を目的とし、外務省、駐日スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京の後援をいただいて行います。スペインの音楽、歴史、風習、魅力がたっぷり詰まったサルスエラは、その物語のほとんどが喜劇で、この初演も1時間強の演目ですので、お気軽に御楽しみいただけます!

現在NHK脚本家、放送作家として、TV ラジオで落語、講談、漫才の台本を手がけ、自身もサルスエラ歌手として舞台に立つ協会代表の桜田ゆみの訳詞・脚本・演出による爆笑コメディ・サルスエラを、安心して思う存分笑ってご観賞ください!

また終演後のレセプションでは、日本とスペインの友好関係のさらなる発展のために、スペインワインで乾杯をいたしますので、こちらも是非ご参加くださいませ。


9月14日(金)19:00開演 18:30開場
代々木上原MUSICASA チケット料金4,000円 

お問合せ&お申込みは… 

 090-1808-7591(桜田) TEL&FAX 042-306-0723
y.sakurada@zarzuela-jp.com 
日本サルスエラ協会ホームページ:www.zarzuelajp.com


上記へご連絡ください。後ほどチケット送付とお振込のご案内をさせていただきます。

 

《 あらすじ》

時は1900年代、ところはスペイン、マドリード。下町アトーチャのとあるアパートで、夜祭りの日におきた、男女の恋の駆け引きと、熟年夫婦の大喧嘩!物語のヒロインは、立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花、小野小町か楊貴妃か、クレオパトラか、はたまたマリペパかと謳われた、お騒がせ娘マリペパ!さぁ!愛しのフェリペを振り向かせることは出来るのか?巻き込まれたのはアパートの夫婦たち!迷惑こうむり、すったもんだの一夜に… まるで江戸の長屋の話し!落語にも良〜く出て来るような夫婦たちの物語!!古今東西、スペインも日本も同じなんですね〜!笑

 

2001年に設立した日本サルスエラ協会は、スペイン国王フェリペ6世から奨励を賜り、セルバンテス文化センターのビクトル・ウガルテ館長を名誉顧問に迎え、駐日ゴンサロ・デ・ベニート大使、吉川元偉前国連大使、元スペイン大使の信頼と激励を戴き、政府機関の協力のもとでスペインの芸術を日本に広めるお役目を担っています。協会の国際友好親善、文化外交活動は、両国を繋ぐ平和構築のモデルとして世界に発信し、スペイン人が愛した伝統芸術サルスエラ、情熱の国の物語!たくさんの笑いと歓喜と癒しに満ちた舞台をお届けいたしますので、是非公演にお越しくださいませ。協会員一同、お待ちしております!Saludos!

Asociación de la Zarzuela de Japón Presidenta Yumi Sakurada
日本サルスエラ協会代表 桜田 ゆみ

PAGE TOP