Jerez de la Frontera, ciudad del vino y el flamenco|ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ、ワインとフラメンコの街

西宮市国際交流協会

スペイン語おしゃべりの会

活動報告 2018.07.10

Jerez de la Frontera, ciudad del vino y el flamenco
ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ、ワインとフラメンコの街

 

 6月2日、Elena Martin Turresさんを講師に迎え、ご出身のJerez de la Frontera市を“la ciudad del vino y el flamenco”のタイトルで紹介してもらった。

 Elenaさんとは西宮市国際交流協会における2月の国際交流デーにおいて、着物の着付けを体験されている時のご縁で、「スペイン語おしゃべりの会」の講師をお願いしたら快諾してくださり、今回の「おしゃべりの会」となった。

 この都市は、セビリアから北へ100kmほどにあるAndalucia州Cádiz県にある。Jerez酒とFlamencoが特に有名だが、Jerezの風景に馬や牛が欠かせないとのこと。Jerezではワインの生産が盛んで殆どが英国、オランダ、ドイツへ輸出されている、また、Flamenco発祥の地とされて、Centre Andaluz de Flamencoがあり、多くのフラメンコの舞踏学校もある、17世紀の衣装を着た騎手と馬のパフォーマンスが繰り広げられるのもこの都市の名物である、それに牛のMuseo Taurinoと呼ばれる博物館もある、都市の名前になぜFronteraが付くのかは、キリスト教国とイスラム教国の「境」にあったことに由来するとのことなどをElenaさんは情熱的に話してくれた。

 最後にPerezの食べ物の話にも出席者は多いに興味を引かれ、次々と質問もあがり、それに対しても丁寧な説明で答えてくれ、今回も楽しい会になった。

 

文・写真提供 谷善三

VOLVER

PAGE TOP