お菓子で巡るスペイン ─Dulces de España─
藤本恭子

PDF記事

PDF掲載誌

皆様こんにちは!
スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナの藤本恭子です。
これまでのスペインのお菓子修業の中で出会った、
印象に残ったお菓子をご紹介いたします。

エンサイマーダ / Ensaimada

 今回は私が2008年夏に滞在したマヨルカ島の街パルマ・デ・マヨルカのお菓子についてです。ここは紀元前123年にマヨルカ島とメノルカ島がローマ帝国の領地となってから築かれた古い街です。マヨルカ島のお菓子といえば、ラードを使ったぐるぐる巻きの甘いパン「エンサイマーダ」が有名。Ensaimadaは3つの意味から成る言葉で、それぞれen=con, saim=manteca, ada=hecha を表し、直訳すると「油脂で焼いた」という意味になります。ラードはスペインの食生活に根付いており、エンサイマーダだけでなく、ラードを折り込んだクロワッサンやクッキーも売られています。
 スペインの有名なエンサイマーダを知りたいと、修業先のシェフに話をしたところ、人づてに「カン・ミケル」というお店があることがわかり、ご親切にも店主のミケルさんにエンサイマーダの作り方を教えていただきました。カン・ミケルには少なくとも16世紀からあるとされる、スペインの中でもとても古く、珍しい石窯がありました。古くとも現役でしたから毎日薪をくべ、エンサイマーダやクレマディーリョ、クロワッサンなどを焼いていました。焼きたてのエンサイマーダはふわっとして本当においしく、いくつでも食べられるものでした。
 ここはリゾート地としても有名です。古い建物の多く残る旧市街や美しいビーチも数多くあり、1ヶ月の滞在を大いに楽しむことができました。
 百聞は一見に如かず。マヨルカ島、ぜひ皆さんも訪れてみてください!

スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナ
〒302-0131
茨城県守谷市ひがし野3丁目11-2
TEL : 0297-45-2740
WEB : https://dulcemina.jp

VOLVER

PAGE TOP