特集

ESPECIAL

             


スペイン牛追い祭り 2011-2012
尾崎真之

PDF記事

PDF掲載誌

 フランスとの国境に近いスペイン北部の町パンプローナで、毎年7月6日から14日まで開催される「サン・フェルミン祭」の催しの1つに牛追いの行事がある。祭りの期間中、毎朝午前8時に荒れ狂う牛12頭を一斉に旧市街の路地に放ち、世界中から集まった血気盛んな者約1,000名が、全力疾走で約900メートル先の闘牛場まで追い込む行事である。濡れた石畳のコースは非常に滑りやすく転倒しやすいうえ、疾走中は牛も人も熱狂し凶暴になるため、牛追いに参加することは非常に危険で、連日怪我人が多く発生し、時には死者も出ることがある。

 「サン・フェルミン祭」では、他にも巨大人形と音楽隊のパレード等、老若男女が楽しめる催しが多数行われるが、牛追いの行事があまりに有名なため、通称「牛追い祭り」と呼ばれる。

 何年も前から、なんとなくスペインへ行ってみたかった。この国のことはあまり知らなかったが、「フラメンコ」「闘牛」「情熱の国」といったキャッチフレーズから、人々が激しく生きる様を想像させ、とても魅力的な文化があると思えたからだ。

 昨年の春、書店で何気に手にしたスペインを特集した雑誌を立ち読みしていると、TVで見たことがあった「牛追い祭り」の記事に目が止まった。「この祭りってスペイン三大祭りの一つだったんだ。」と理解すると、「初スペインはこの祭りを見に行くのも悪くないな。」と不意に考えた。荒々しい祭りから「情熱の国」を垣間見ることができるのではないか? と安易に思ったからだ。それまで探していたスペインに行く 「動機」が見つかった気分だった。 2ヶ月後の7月初旬、パンプローナへ飛んだ。成人なら誰でも「牛追い」 に参加できることは知っていたが、死者が絶えない行事に参加する勇気は全くなく、コースに沿って設置された柵の上に開始3時間前から座って場所を取り、見物を決め込んだ。「牛追い」が始まると、牛と参加者があっという間に目の前を駆け抜けていったので、少々物足りなかったが、祭りの荒々しい雰囲気を味わえたので満足していた。

 今年の春、昨年のスケジュールを確認することがあり、昨年の手帳 を開いて眺めていると「スペイン航空券手配」の文字が目に留まった。「そうか、もうすぐ牛追い祭りなんだ。」と感慨を覚えると、昨年利用した飛行機とホテルの7月の空き状況や金額を何気なくパソコンで検索してみた。「空いてる。しかも円高で昨年より安い。」検索した画面を凝視していると、すでに見物してしまって全く関心がなかった祭りに、「今度は走りたい」という子供じみた思いがだんだん強くなり、それから3日後、後先踏まえず航空券とホテルの予約をしてしまった。

VOLVER

PAGE TOP