特集

ESPECIAL

acueducto 20 特集「エル カプリチョ デ ガウディ」

ガウディの知られざる名作 El Capricho de Gaudí
Carlos Mirapeix Bedia

PDF記事

PDF掲載誌

Vista aerea del Capricho, la Capilla Panteón y el Palacio de Sobrellano
エル•カプリチョ周辺の景色。パンテオン教会とソブレジャノの宮殿

Gaudí: el origen

 El Capricho (1883 – 1885), también conocido como Villa Quijano, es un colorista y original palacete diseñado por el arquitecto Antoni Gaudí. Considerada como una de sus primeras obras de relevancia, El Capricho marca el comienzo del movimiento modernista y nos permite conocer a un joven Gaudí lleno de energía y vitalidad. Junto con el Palacio Episcopal de Astorga y la Casa Botines de León, esta es una de sus tres únicas obras fuera de Cataluña.
 Antoni Gaudí llega a Comillas de la mano de su amigo y mecenas Eusebi Güell, promotor de obras como la Cripta de la Colonia Güell o el Palau Güell entre muchas otras. El señor Güell estaba casado con la hija de Antonio López y
López, I Marqués de Comillas. Existe por tanto una curiosa relación familiar, económica y social entre la gran ciudad de Barcelona y el pequeño pueblo de Comillas.
 Las calles de la pequeña villa de Comillas están llenas de edifcios de Joan Martorell, Domenech i Montaner o el ya mencionado Gaudí. No en vano se considera a Comillas como el preludio del modernismo o el campo de ensayos
del modernismo que más tarde llegaría a las calles de Barcelona.
 Antoni Gaudí afronta la obra de El Capricho con apenas 30 años y sin ninguna experiencia previa. Las personas que visitan El Capricho llegan a comprender como nace la original arquitectura de Gaudí, cuáles son sus influencias y de dónde toma la inspiración.

ガウディ:その原点

 エル・カプリチョ(1883-1885 建設)は、またの名をビジャ・キハーノとして知られていますが、建築家アントニ・ガウディによって設計された、色彩豊かで独創的な小宮殿です。彼の傑出した作品の中でも初期の建築物の1 つとして知られており、また、ガウディという、モデルニスモ建築家の変遷初期の痕跡が見られ、また若き日のエネルギーと活気にあふれるガウディと出会える建物なのです。エル・カプリチョは、アストルガ司教邸やボティネス邸とともにカタルーニャ州以外にあるただ3 つの作品の中の1 つなのです。

 アントニ・ガウディをコミージャスの地に連れてきたのは、ガウディの友人であり、パトロンでもあった、エウセビ・グエルでした。彼はガウディの沢山の作品の中でもグエル邸やコロニアルグエル地下聖堂の依頼者であり、アントニオロペス(コミ-ジャス侯爵1 世)の娘と結婚していました。そんなわけで、大都市バルセロナと、小さな町、コミージャスの間には興味深い家族的、経済的そして社会的なつながりがあったのです。

 コミージャスの小さな集落の通りには、ガウディの師であるジョアン・マルトレルやバルセロナのモデルニスモ建築家であるドメニク・イ・モンタネール、そして前述のガウディの建築物の数々がいたるところに見られます。このことから、コミージャスがその後バルセロナに建てられるようになったモデルニスモ建築の始まり、またはその練習場所とも考えられるのです。

 アントニ・ガウディはわずか30 歳でなんの経験もなくエル・カプリチョという作品に向き合いました。この建物を訪れるとガウディの独創的な建築がどのようにして生まれ、ガウディがどこからインスピレーションを得て、何に影響を受けたのかがわかるようになるのです。

 

Estatua del arquitecto situada en el jardín del Capricho
エル・カプリチョ庭園内にあるアントニ・ガウディの像

VOLVER

PAGE TOP