桜咲くオーデックス・ジャパン「glass house」でフラメンコ

ここは東京・港区のJR品川駅から西へ歩いて10分ほど、ゆるやかな坂道を登って左に曲がった街角、高輪4丁目。物流博物館のすぐ近くに、ワイン輸入会社「オーデックス・ジャパン」のオフィス兼イベント会場「glass house」があります。2019年4月7日(日)、天気は快晴で桜も見頃を迎えたさわやかな日曜日の午後、『acueducto』編集部の宮田がこちらへ取材にお邪魔しました。赤褐色の建築が印象的な「glass house」の正面に到着した時、中からは風に乗って軽やかなフラメンコの音楽が響いていました。

この日、ここでは「花見フラメンコライブ&スペインワイン試飲会」と題したイベントが開催されました。東京のダンサー川村正志さんらによるフラメンコライブが桜を奥に見て右の建物「glass house II(ドス)」にて12:30からスタート。大通りの喧騒から隔離された空間で体験できる、真昼間の半野外フラメンコライブ。会場は満席で総46名が来訪。そして「スペインワイン試飲会」とある通り、今回のフラメンコはただ「観て帰る」だけのものではありませんでした。デッキで陽の光を浴びながら、オーデックス選りすぐりの赤と白のワイン数種類を試飲して、ライブを見て、さらに、お土産にワインを1本(赤と白、どちらか好きな方)持って帰ることができるという、なんとも贅沢な催しだったのです。これで会費はたったの3,500円。

VOLVER

PAGE TOP