特集

ESPECIAL


acueducto 23 特集「『ドン・キホーテ』後篇出版400年に寄せて」

 今年2015年はスペインの生んだ世界的名著セルバンテス作『ドン・キホーテ』後篇刊行400周年の記念の年に当たります。セルバンテスと『ドン・キホーテ』が日本で初めて紹介されるのは、幕末・明治前期に活躍した儒学者にして洋学者の古賀茶渓(1816-1884)の主著『度日閑言』(1867年)を通してでした。しかし、『ドン・キホーテ』が日本語で読めるようになるには、妙訳『鈍喜翁奇行伝』(明治20年)まで待たねばなりませんでした。スペイン語の原典から日本最初の完訳が出るのは昭和に入ってからのことです。会田由が昭和35年に前篇を、37年に後篇を刊行しております。その後、永田寛定・高橋正武訳、牛島信明訳、荻内勝之訳、岩根圀和訳が続きます。
 『ドン・キホーテ』後篇刊行400周年を記念して、「日本におけるドン・キホーテ」の専門家として知られる関西外国語大学の蔵本邦夫先生にご執筆いただきました。ご一読いただければ幸いです。また記念行事の一環として、論創社から『ドン・キホーテの世界―ルネサンスから現代まで』が刊行されました。松本幸四郎さんら日本を代表するドン・キホーテ研究者が執筆しています。併せてご一読ください。


acueducto 22 特集「70歳からのサンティアゴ巡礼」

 スペインでも日本でも巡礼は盛んだ。しかし日本の巡礼地を訪れずに、むしろスペインの巡礼地を巡る日本人が多くなっている。長期の夏休みを使って毎年、部分的に歩く巡礼者や定年も迎えていざ巡礼に挑戦する人も多い。巡礼の目的はむろん、元来は宗教的なものであった。スペインのカミーノ・デ・サンティアゴは、中世キリスト教徒スペイン人の信仰から生まれ発展した。9世紀初頭のことだ。以来、ヨーロッパからの巡礼者は増加し、最盛期の12世紀には年間の巡礼者数は50万を数えたと言われる。

 今日の巡礼の目的は必ずしも宗教的なものではない。精神的なもの、観光的なものと、目的はさまざまだ。今号の特集はサンティアゴ巡礼、主人公は70歳から巡礼を始めた杉本嘉孝さんです。杉本さんの巡礼の目的は自己の内面を見つめ直すことだそうです。ある時は奥さんと、またあるときは1人で巡礼の道を歩かれる杉本さんの姿は、まさに日本人サンティアゴそのものである。


acueducto 21 特集「ベレン・マジャ」


©Luis Castilla

 彼女の名前はベレン・マジャ。今、この時代で輝きを放っているバイラオーラ(フラメンコの踊り手)の中でも世界的に活躍する有名人の1人である。そして長い間いわゆる『ニューフラメンコ』と言われるものの先駆者であり続け、それ故にこの屈指の実力を持つ女性は世界中のバイラオーラ達を惹きつけてやまない。

「私の中にはいつも既存のものに抗う自分がいて、私には私だけの踊り方があると知っていた。それが運命にせよ、なんにせよ、独学で自分だけのフラメンコを見つけなければと分かっていたから、スタジオに籠もってひたすら自分自身に向き合ったわ。」Belén Maya

 


acueducto 20 特集「エル カプリチョ デ ガウディ」

Fotografías: ©El Capricho de Gaudí

Un Gaudí desconocido

 La mayoría de las personas cuando escuchan el nombre de Antoni Gaudí (1852 – 1926) piensan automáticamente en la Sagrada Familia, el Parque Güell, la Casa Batlló o la Pedrera. Estas cuatro construcciones son sin duda los más conocidas del arquitecto y sus auténticos “bestsellers” en lo que a visitas se refiere. Millones de personas de todos los lugares del mundo viajan hasta Barcelona para poder contemplar en directo unos de los más bellos edificios jamás creados.

 Sin embargo estas obras representan una pequeña parte de la creación de Gaudí como arquitecto y a veces nos hacen olvidar que hay mucho más que todavía queda por conocer. Merece la pena señalar que estos cuatro monumentos que indicamos se realizan en la misma época, todos ellos están en la ciudad de Barcelona y sobre todo nos muestran una etapa muy concreta del arquitecto: su madurez.

 Todas las personas que admiren la arquitectura de Antoni Gaudí deberían preguntarse: ¿qué hay más allá de este póquer modernista? En este texto os invitamos a descubrir una de sus obras menos conocidas pero al mismo tiempo más importantes: El Capricho de Gaudí en Comillas, Cantabria.

知られざるガウディ

 アントニ・ガウディ(1852-1926)という名前を聞くと、ほとんどの人は自動的にサグラダ・ファミリアやグエル公園、カサ・バトリョ、またはラ・ペドレラ(カサ・ミラ)を思い浮かべることでしょう。これら4つの建築物は間違いなくこの建築家の最も有名な作品であり、訪れる人にとってまさに“ベストセラー” です。 世界中のあらゆる場所から何百万もの人々が、かつて造られたことのない最も美しい建築物の数々を一目見ようとバルセロナまで旅するのです。

 しかしながら、これらの建物は建築家としてのガウディの作品のほんの一部に過ぎず、時折まだ知るべき作品が沢山あるのを忘れてしまいがちです。ぜひ知って欲しいのは、これら4 つの重要建築物が同じ時代にみなバルセロナに建てられたこと、そして何よりこれらの建物がこの建築家のある一定の時期、つまり、成熟期に建てられたということです。

 アントニ・ガウディの建築物に感嘆した人はみな、『この神業モデルニスモ建築家の作品は他にもあるの?』と聞く必要があるのではないでしょうか。本文ではみなさんに、ガウディの作品の中でもあまり知られていないけれど、同時に最も重要な作品を紹介します。それはカンタブリア州のコミージャスという町にある、エル カプリチョ デ ガウディです。


acueducto 19 特集「バルセロナの地下を巡る」

サグラダ・ファミリアやグエル公園などガウディの作品が街に溢れ、世界中から観光客が訪れるバルセロナ。
しかしその地中にもう一つの知られざるバルセロナがあることをご存知でしょうか。
今回は、ある研究グループが1年かけて発見したバルセロナの地下世界を描いた本「La Barcelona subterránea」を紹介。
地下からバルセロナの歴史を紐解きます。

PAGE TOP