スペインの奇祭 LA TOMATINA スペインフェア2013 – SPAIN FAIR 2013

         

スペイン東部、バレンシア州に位置するブニョールでは、世界的に有名なトマト祭 (La Tomatina) が毎年開催されています。人口1万人程度のこの町には、なんと多いときでその4倍もの人々が世界中から集まりトマト投げに興じたこともあるそうです。
今号のacueductoでは、この”LA TOMATINA”を特集。今年のトマト祭に参加した方からの体験レポ−トも収録。来年の参加を考えている方は必読です! 

日本スペイン交流400周年 Año Dual España-Japón, 400 años de relaciones

         

本年は、仙台藩主伊達政宗が、遣欧使節の支倉常長らをスペインなどヨーロッパに派遣した1613(慶長18)年から数えて400年目に当たります。これを記念して、2013年6月から2014年7月まで、「日本スペイン交流400周年」事業が日本とスペインの両国で開催されます。
本誌でも、400周年を記念して、支倉常長や日西間の交流にスポットを当てた記事を特集、スペイン大使のメッセージや、日本大使による皇太子殿下のスペイン訪問の記事など、いつも以上に盛りだくさんな内容でお届けします。 

欧州文化首都選出に沸き立つ町、サン・セバスティアン

         

【acueducto vol.25 特集】

フランス国境近くに位置し、バスク地方独自の文化が息づく街サン・セバスティアン。「美食の都」や「避暑地」としても有名で、スペイン最大の国際映画祭の開催地でもあります。2016年には欧州文化首都に選出され、盛大なセレモニーが執り行われました。

春祭りの都市、セビリャ SEVILLA

         

【acueducto vol.13 特集】

闘牛、フラメンコ、降り注ぐ太陽、白い家など、日本人の描くスペインのイメージそのものであるセビリャ。スペイン南部に位置するアンダルシア州の州都であり、また世界中から毎年多くの観光客が訪れるスペインきっての観光地でもあります。acueducto 第13号 では、毎年、4月に行われる春祭り(フェリア)、闘牛、歴史や音楽のみならず、近年注目を浴びているオレオトゥーリズモ(オリーブの旅)まで、セビリャの魅力をたっぷりお楽しみ下さい!

2013年05月 

榎本和以智 Kazuichi Enomoto

 セビリャには、2つの重要な祭がある。一つは、セマナ…

西欧最古の都市、カディス CÁDIZ

         

今号の特集は、南部アンダルシア州に位置するカディスです。紀元前から貿易港として栄えたこの街は、美しい海岸線やそこに住まう人々の陽気さ、またカーニバルなどで有名です。
市長からの手紙をはじめ、グルメ、観光、カーニバルや歴史など、年間を通して多くの観光客でにぎわうカディスの魅力をたっぷりとご紹介します!

牛追い祭りの街、パンプローナ PAMPLONA

         

スペイン北東部の街、パンプローナ。人口わずか約20万人のこの街は、バレンシアの火祭り、セビリャの春祭りとならぶスペイン三大祭りの一つ、サン・フェルミン祭が開催される地として知られています。サン・フェルミン祭で最も盛り上がるのが、市街地に放たれた数頭の雄牛の後を追って闘牛場に追い込むという牛追い(Encierro)。
今号では、死傷者も出るというこの荒々しい行事に参加した方のレポートをはじめとして、様々な視点からパンプローナをご紹介します!

PAGE TOP